国内の特許・商標・意匠、米国の知財に関する一口メモ

IPBOOKとIPBOOK.cloudのセキュリティについて

IPBOOKとIPBOOK.cloudのセキュリティについて
基本的に、操作はログとして記録されるようにしています。
いつ、誰が、どの包袋を閲覧、編集、削除したかというような情報を記録しています。

IPBOOK.cloudのアップデート

IPBOOK.cloudのアップデート
拒絶理由通知の自動取込機能(クリップボード抽出)をアップデートしました。これまで、発送日と、整理番号と、引用文献とを取得していました。期限管理のために発送日、誤った案件のものでないか確認するために整理番号、技術スタッフが公報をすぐに見れるように引用文献を取得しています。
このたび、どうせなら起案日と応答期間も取得して欲しいという依頼がありましたので、取り込むようにしました。
このようにご依頼があれば、機能を増やすことは可能です。気軽にご相談ください。
https://ipbook.cloud

IPBOOK.cloudのアップデート。特殊期限というものを作りました。

IPBOOK.cloudのアップデート。特殊期限というものを作りました。

例えば、ある案件で拒絶査定が出たため、拒絶査定不服審判を請求するとします。
このとき、その後の特許庁との対応は、中間処理として入力していけば、期限管理できます。
また、案件としては、新規に拒絶査定不服審判として作成しても構いません。

ただ、拒絶査定が出てから拒絶査定不服審判を請求するまでの期限管理は、いくつかのやり方が考えられます。
また、特許査定が出るタイミングで分割出願をしたいとか、その審査請求の期限管理ということもあります。

こういった中途半端なタイミングの期限管理をサポートするために、特殊期限として期限管理できるようにしました。

IPBOOKのマイナーな画面の修正と、検索の操作を少し簡便にしました。

IPBOOKのマイナーな画面の修正と、検索の操作を少し簡便にしました。
一部、画面上で、縦方向に段差のある不揃いの部分の修正を行いました。
一部、画面上で、グレー表示が相応しい部分の色指定を修正しました。
検索:編集・・の画面では、C項目で絞り込むときに、A項目にはallか*を入力することにしていましたのを、A項目の入力は不要にしました。

IPBOOK.cloudとIPBOOKのアップデート 和暦表示の追加

IPBOOK.cloudとIPBOOKのアップデート 和暦表示の追加
開発部署内で提出書類の確認のときなどは、和暦が表示されていると便利だとの指摘がありましたので、和暦を表示するようにしました。

IPBOOK.cloudはほぼ全てにおいて表示しています。
IPBOOKは、日付表示が非常に多く、また、和暦でのチェックが不要な日付も多いので、主要な日付に表示を付けました。

IPBOOK.cloudの説明サイトができました。

IPBOOK.cloudの説明サイトができました。

https://IPBOOK.cloud
を作成しました。

主に、ご利用者のための操作説明をするサイトなのですが、ご紹介等もさせていただいています。ご利用料金も説明させていただいております。

無料体験のお申し込みもこちらから可能です。

IPBOOK.cloudの画面や機能の説明に加えて、日々生じる日常業務に対応させて
IPBOOK.cloudではどのように操作するのかという視点でも説明しています。

ご覧いただき、無料体験をしていただけると幸いです。

IPBOOK.cloud 完成のお知らせ。

IPBOOK.cloud 完成のお知らせ。

これまでのIPBOOKは、とても高機能です。
ご利用になられる方によっては、もっと簡易なものが欲しいということもあるようです。
このため、IDとパスワードをご用意したらすぐにアクセスして利用開始できる・・
特許管理ソフトを作りました。

クラウドでの運用になります。お試しのお申し込みをいただきましたら、すぐにIDとパスワードをご用意しますので、試行できます。

機能は特許管理に絞り込みました。四法に加え、PCTとEPCは管理できます。

ご希望の方はお気軽にお声がけください。IPBOOKのお問い合わせからで結構です。

IPBOOKのアップデート 進捗管理

IPBOOKでは、各技術担当者が、自分の担当案件の進捗を管理できます。

今回、受任とOAの編集画面(※追加画面ではありません)に、
「進捗管理:担当者に追加 ※この案件を技術担当者の進捗管理に追加します。」
と表示されるようにしました。

今までは「IPBOOK担当者」の中で「進捗管理」から案件を選んで、新規追加しています。この場合、包袋のレコードを選択する作業が必要です。

今後は、メインの「IPBOOK」の中で各担当者の「進捗管理」にワンタッチでレコード追加できます。
事務スタッフは、受任し、原稿送付期限か、中間期限を設定したら、{担当者に追加}をクリックしてあげれば、担当者の進捗管理に追加されます。このとき、進捗管理の備考の項目の中に、期限が表示されます。
原稿送付期限も、中間期限も、設定する前にレコードを追加させることはできますが、追加時点で設定されていない期限は備考に反映されません。
技術スタッフも、同様の操作で自ら追加させることもできます

IPBOOK引用文献抽出のアップデート

IPBOOKでは、拒絶理由通知から引用文献を抽出し、ワンタッチで特許庁などに検索を掛けることができます。
拒絶理由通知の記載のパターンに基づいているため、抽出できないものもあり、随時、対応することで、殆ど抽出できています。
このたび、国際公開公報と、商標の引例に対応しました。
ご利用者において、抽出できない事例がありましたら、お知らせくだされば、随時対応させていただきます。

IPBOOKの機能アップデート

会社名、事業所、担当者およびメアドについては、それぞれに固有のコードを付す必要があります。
このため、同じ顧客でも、コード毎に会社名、事業所、担当者およびメアドを追加したり、編集するということが必要でした。
これはコードの性質上、必須のことでしたが、同じ顧客であれば、一つの画面で、会社名、事業所、担当者およびメアドを修正できる方が便利なため、ユーティリティーのプログラムを追加して対応します。
IPBOOKは、日々、作業時間を減らすことができるように、機能アップ中です。